スリランカ渡航時にはビザの取得が必要に!ビジネス&観光は20ドル

合計360分のアーユルヴェーダトリートメントと180分のヨガ付き!癒しのアーユルヴェーダ5日間  アーユルヴェーダ専門のシッダレパアーユルヴェーダリゾートに滞在

2012年1月1日よりスリランカ渡航の際にはスリランカビザETA取得が義務付けられました。これはシンガポール人やモルジブ人を除くすべてのスリランカに入国・通過する渡航者対象になりますので日本人も対象です。正直このニュース、スリランカへの観光を考えていた方にはあまり良い印象を残さないかもしれません。旅行者は特にできるだけ気軽に旅行したいもの。少しでも手続きや出費が増えると良い気はしないですよね。
これから観光と経済のハブになろうとしているスリランカなだけに、私もやや残念な気持と驚きは正直ありました。が、よくよく考えてみると査証とは相互に免除しあうのが本来フェアなやり方であって、一方が免除され他方がそうでないというのは不公平感があるのかもしれません。今回のスリランカのビザ取得義務も、査証相互免除措置を実施しているシンガポールなどには適応されないところは納得です。

実際の取得方法はこちらになります。(英語のみ)
http://www.eta.gov.lk/slvisa/visainfo/apply.jsp?locale=en_US&ch2=current
オンライン申請はこちらから(英語のみ)
https://eta.gov.lk/etaslvisa/pages/termnconuser.jsp?ucode=123

個人でオンラインでも取得でき、その場合は下記の実費のみ。ビザが義務付けられてから代行業者もでてきていますので、業者に委託しても取得可能です。

•観光目的:U$20
•ビジネス目的:U$20
•通過目的(3〜7日間):U$10
•通過目的(2日以内):無料

この話が出た去年の秋には50ドルとも言われていたので、半額以下になったとは良いニュースです。アーユルヴェーダの施術を受けるために30日以上の長期滞在を計画している人は、入国後30日以内に滞在延長のための申請をすると、90日までの滞在延長が可能。その後更に最長90日までの延長も可能なので、長期滞在してじっくりアーユルヴェーダもOKです。

観光やビジネス目的なら査証代は日本円で1528円(2011年1月現在)。ちなみにスリランカ人が日本への観光ビザを取しようとするとかなり困難だとか。本当に観光がしたいのか、あるいはうまく入り込んでそのまま就労ビザなしで働く目論見があるのかを見分けるのが難しいのだとか。以前ロシア人と旅行しようとして査証が簡単におりないかも・・・ということであきらめた国があったことを思い出しました。外務省のWEBサイトによると2011年5月現在、査証免除措置を実施している国・地域は61。新たに査証が義務付けられて初めて気が付くこともいろいろありますね。

 


関連記事 :

Related posts:

2012年1月10日



トラックバックURL

http://rasayana.info/news/visa/trackback/

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

*

TOPPAGE  TOP 
ツイッター サイトマップ RSS FED