サリーを着た女医の診察から始まる初日のアーユルヴェーダ

合計360分のアーユルヴェーダトリートメントと180分のヨガ付き!癒しのアーユルヴェーダ5日間  アーユルヴェーダ専門のシッダレパアーユルヴェーダリゾートに滞在

アーユルヴェーダ施術の初日は医師の問診から始まります。決められた時間に問診室に行くと待っていたのは鮮やかな色のサリーを着たかわいい女医さん二人。主治医はピンクのドレスのサンジーワニ医師、右側のラベンダー色のドレスは助手のイノーカ先生。二人とも名門コロンビア大学アーユルヴェーダ学科出身のエリート!ストレスや肩こりの有無、よく眠れるか、便通はどうか、食欲はあるかそして病歴など一通りきかれた後に、脈診と血圧測定、舌のチェックが続きます。

 その後は何か健康で気になるところは・・と質問されるので、ここでいっきにこうしたいああしたいと申告しておくとその後の施術や薬に反映されるようです。忘れないように言いたいことをメモっておくとよいかもしれません。私は手足の冷えと肌荒れ、そして若返り(ラサーヤナ)をリクエストしたら、「ラサーヤナは全部体をきれいに浄化してからでないとできないの。時間があるかしらぁ・・・」とのこと。とりあえず3日目にまた来るようにと言われて初日の問診は無事終了。


それにしても先生のこの笑顔、写真用ではなくていつもにこにこ笑顔の美しい先生です。


関連記事 :

Related posts:

2011年8月1日



トラックバックURL

http://rasayana.info/insrilanka/consultation/trackback/

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

*

TOPPAGE  TOP 
ツイッター サイトマップ RSS FED