スリランカのアーユルヴェーダで針治療を初体験

合計360分のアーユルヴェーダトリートメントと180分のヨガ付き!癒しのアーユルヴェーダ5日間  アーユルヴェーダ専門のシッダレパアーユルヴェーダリゾートに滞在

最近美容目的での針が流行っているようですね。私の友人も東京で顔に沢山針を打ってもらったら若返った!と言って写真を送ってくれましたが、確かにお肌がつるつるになっていました。(ただし友人曰く効果は永遠ではないそうです)。スリランカのアーユルヴェーダにも針治療を取り入れているところがあります。

バーベリン・リーフ・アーユルヴェーダ・リゾートでは医師の問診時に「針はどうする?」と聞かれます。正直なところスリランカに到着したばかりだったので衛生面が心配だったのと、今まで針治療を受けたことがなかったのでやや躊躇したのですが、針治療室が大繁盛しているのに勇気を得て、一度試しにやってみることに。

針治療(acupuncture)室には針の専門の医師が待機しています。先生は瞳が大きくて、カールした長い髪を持つ、若く美しい女医さんです。

問診後どこに針を刺すかを決めて診断書にマークしていきます。ベッドに寝ると女医さん自らが針を刺します。「シーンコーキュウ!」と日本語で言われました。思っていたほど痛くはありません。医師が一通り針を打ち終わってから、おそるおそる自分の腕に刺さっている針を目視で確認してから静かに横たわります。しばらくすると針を抜きに女医さんが再びベッド脇まできて「完了!」と言われて帰ろうとしたら「ちょっと待って。顔にまだ2本刺さってた。」と呼び止められました。。。

友人も針治療を終えて部屋に戻ったら、まだ足に刺さっていたので抜いてもらいに診察室に戻ったりと、なんというか、あまり何本さして全部抜いたかなど気にしていないようです。

さて、翌日針を刺したところを見てみると蚊に刺されたように赤い斑点に!
さっそく美人女医を捕まえてに確認すると「あー大丈夫。今日はクリーム塗ってみるから」となんでもない様子。結局1回経験して満足したということもあり、その後はご辞退させていただきました。

ちなみにバーベリンいる他の滞在客は針治療をしている人が多いようです。(斑点が出たという話も私以外は聞きませんでした)あきらかに肩こりがよくなったという人もいましたが、はたして針だけの効果かどうかはわからないとのこと。
ドイツからの参加者の中には針治療の専門医もいて、彼女も足しげく針治療室に通っていました。ベッドに敷くシーツは自分で都度交換しますし、針もきちんと消毒されているようでしたので、衛生状態は比較的良いようです。

日本で受けられる針治療をネットで検索してみたら、1回5000円から1万円以上と結構なお値段!1回で満足してしまってややもったいない気もしました。


関連記事 :

Related posts:

2012年3月26日



トラックバックURL

http://rasayana.info/insrilanka/acupuncture/trackback/

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

*

TOPPAGE  TOP 
ツイッター サイトマップ RSS FED