アーマ Ama-アーユルヴェーダ用語

合計360分のアーユルヴェーダトリートメントと180分のヨガ付き!癒しのアーユルヴェーダ5日間  アーユルヴェーダ専門のシッダレパアーユルヴェーダリゾートに滞在

アーマとはアグニの低下のため血液や消化管内に蓄積した未消化物が毒素となったものです。食事をとってもアーマとなってしまうと栄養にならないどころか、体内の弱いところに蓄積して、肥満、老化、肌荒れ、病気の原因となります。アーユルヴェーダではアーマを解毒することの大切さを説いています。

アーマが体内に蓄積する理由の一つには、現代人の飽食にあります。必要以上に食べ過ぎ、飲み過ぎをしたり、お腹がすくまで待たずに食事をして前食べたものがまだ消化しきれていないうちに次の食事をしてしまうと、ネバネバしたアーマに変わってしまいます。

アーマを取り除くにはアーユルヴェーダでは究極の浄化法であるパンチャカルマをしますが、こちらは専門家にお任せするとして、自宅で手軽にできる解毒方法はとして白湯を飲むことをお勧めします。
最低10分沸かしたお湯を少し熱いと感じるくらいでこまめに少しずつ飲むことで、代謝を向上させアーマを溶かし体の中を浄化しします。
白湯を飲み続けていると甘みを感じるようになるそうです。そうなったらアーマが排出されてきたサインです。

スリランカのアーユルヴェーダ専門施設に行くとお部屋に湯沸しポットと持ち運びできる白湯用ポットが置いてありました。


関連記事 :

  • アーサナ(Asana)とはサンスクリット語でヨガのポーズ、体位を意味します。「座る」という意味のアースが名詞化し、もともとは座法を意味しました。例えば「シャバアーサナ」はおそらく一番馴染みのあ ...

Related posts:

2011年6月25日



トラックバックURL

http://rasayana.info/glossary/ama/trackback/

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

*

TOPPAGE  TOP 
ツイッター サイトマップ RSS FED