アーユルヴェーダ@スリランカ

シロダーラを楽しくするための必需品とは?

アーユルヴェーダ@スリランカコメント&トラックバック(0)

マハゲダラ-スリランカスリランカのアーユルヴェーダ専門宿マハ・ゲダラに深夜に到着した翌日、ベランダらからプールサイドを眺めると皆さんヨガのレッスン中。波の音を聞きながらプールサイドにヨガマットを敷いて早朝ヨガとはなんて贅沢、としばらく時差ボケでぼーっとしながら眺めていて気が付いたことには・・・ 続きを読む…



スリランカのアーユルヴェーダ宿 – 蛇口をひねると出てくるものは?

アーユルヴェーダ@スリランカ,トロピカル建築家ジェフリーバワ,ハーブとアーユルヴェーダコメント&トラックバック(0)

アーユルヴェーダ@スリランカスリランカで一度ジェフリー・バワ設計の宿に泊まると、もうその魅力に虜になってしまいます。お洒落なバワホテルに泊まりたい、でも本格的アーユルヴェーダも受けたい、というそんな2つの欲求を同時に満たしてくれる贅沢な宿があります。
それはスリランカ南西部のアルツガマにあるマハ・ゲダラ(HERITANCE AYURVEDA MAHA GEDARA)。ジェフリーバワ設計の旧ネプチューンホテルを改装してできたアーユルヴェーダ専門宿です。 続きを読む…



アーユルヴェーダの名医がいる「マハ・ゲダラ」

アーユルヴェーダの基礎知識,アーユルヴェーダ@スリランカ,トロピカル建築家ジェフリーバワコメント&トラックバック(0)

マハゲダラ今までスリランカのアーユルヴェーダ宿や医院をめぐり感じるのは、どの先生もさすがは狭き門を出てきただけあり、知的で信頼がおける先生ばかりでした。今回初めてジェフリー・バワ設計の宿「マハ・ゲダラ」 に滞在。すでに開業以来何年も通っているという親切なドイツ人が新参者の私にいろいろマハ・ゲダラについて教えてくれました。 続きを読む…



スリランカのアーユルヴェーダで針治療を初体験

アーユルヴェーダ@スリランカコメント&トラックバック(0)

最近美容目的での針が流行っているようですね。私の友人も東京で顔に沢山針を打ってもらったら若返った!と言って写真を送ってくれましたが、確かにお肌がつるつるになっていました。(ただし友人曰く効果は永遠ではないそうです)。スリランカのアーユルヴェーダにも針治療を取り入れているところがあります。 続きを読む…



気持ちいいだけではない?本格派シロダーラ

アーユルヴェーダ@スリランカコメント&トラックバック(0)

日本ではアーユルヴェーダというと「あぁ、あの頭からつーっと油たらすやつね」というくらい有名になっているシロダーラ。額に温めたオイルをゆっくりと浸透させていくことで、中枢神経をリラックスさせ、一種の瞑想状態をもたらし、脳内マッサージとも言われています。 深いリラックス効果があるため、あまりの気持ちのよさに施術中寝てしまう人も多いとか。

続きを読む…



ジェフリ・ーバワの弟子が建てたアーユルヴェーダ・パビリオンズ

アーユルヴェーダ@スリランカ,トロピカル建築家ジェフリーバワコメント&トラックバック(0)

折角休みをとってスリランカまで行くのだから、アーユルヴェーダは受けたいがちょっとよいお部屋に泊まりたい・・・という時におすすめなのが「ジェットウィング・ アーユルヴェーダ・パビリオンズ」。ニゴンボ(Nigombo)のビーチ近くに位置するホテルは、空港から30分と近いのも魅力。スリランカでの最後の滞在の場として選び、旅の疲れをアーユルヴェーダで癒すのもお薦めです。そしてなんといってもアーユルヴェーダ・パビリオンズが素敵なのはその建物。

続きを読む…



美しすぎるスリランカ航空客室乗務員の悩みとは?

アーユルヴェーダ@スリランカ,スリランカの隠れた魅力コメント&トラックバック(0)

スリランカ航空に乗るとエキゾチックなサリーに身を包んだ美しい客室乗務員に目が行きます。 かつてはエミレーツ航空が43.6%出資していましたが、2010年にはすべての株式をスリランカ政府が買い戻したナショナルフラッグキャリアであるスリランカ航空。同年にユニフォームを一新し、鮮やかなグリーンのサリーは異国情緒たっぷりで、彫の深い端正な顔と小麦色の肌に良く合います。 続きを読む…



アーユルヴェーダにできないことはない?!

アーユルヴェーダ@スリランカコメント&トラックバック(0)

バーベリンに滞在中は、たとえ頭痛薬であっても、持ち込んだ薬は医師の許可なしには服用できません。頭が痛くなると、ハーブの丸薬をくれ、おでこにハーブペーストを張り付けてしばらく横になります。蚊よけはシトロネラというさわやかな柑橘系の香りのオイルを処方されます。(結構効く上に良い香り!)薬が苦くて飲めない!というと蜂蜜が出てきます。 続きを読む…



ホロスコープとスリランカ

アーユルヴェーダ@スリランカ,スリランカの隠れた魅力コメント&トラックバック(0)

アーユルヴェーダの医者は7割が世襲で残りの3割が大学(スリランカ国内ではコロンボ大学とケラニヤ大学)で6年間アーユルヴェーダと西洋医学を学んだ人達。※
ホロスコープはヴェーダ哲学の1つとみなされ、特に世襲でアーユルヴェーダの医師になった人達は、ホロスコープの専門知識があることも多いとのこと。スリランカは多様な民族性を持ちますが、その中で仏教徒ならほとんど皆と言っていいほど生まれてすぐに自分のホロスコープを持ちます。 続きを読む…



スリランカのアーユルヴェーダ医師の間では「浣腸」が飛び交う?

アーユルヴェーダ@スリランカコメント&トラックバック(0)

バーベリンのアーユルヴェーダの医師は日本語の単語を話す人が数人います。その中でも一番良く聞くのがなんと『カンチョー(浣腸)』。最初に聞いたときには何か他のことかと思いましたが間違いなくあの浣腸でした。まず仰向けになり下腹部のマッサージとハーバルボールのパッティングを受けます。それが終わると横向きなり、いよいよ60-120mlの処方されたアーユルヴェーダオイルを注入。深呼吸をするように言われて、温かいものが体の中に徐々に入っている、なんとも言えない感触がしばし続きます。 続きを読む…



次のページ »
TOPPAGE  TOP 

<BR>
ツイッター サイトマップ RSS FED