スリランカの隠れた魅力

スリランカが生んだ天才建築家「ジェフリー・バワ」のハイブリッドな魅力

スリランカの隠れた魅力,トロピカル建築家ジェフリーバワコメント&トラックバック(0)

スリランカの裕福な家庭に生まれたジェフリー・バワ(1919-2003)は多民族の中でもスリランカでは一番割合が少ないバーガーに属します。バーガーとはポルトガル人やオランダ人などと血が混ざった人種で肌の色が白いことが多く、見かけも西洋人のような風貌。バワの両親もアラブ、フランス、イギリス、オランダ、スコットランド、シンハラのルーツを持ち、両親共にこれまたバーガー。バワ建築の特徴の1つ「東洋と西洋の融合」は自身の多様な血も影響しているのでしょう。 続きを読む…



モノを大切にするエコな国スリランカ

スリランカの隠れた魅力コメント&トラックバック(0)

スリランカ航空に搭乗後、機内食のメニューが配られます。するとエコノミークラスでは通常あまり見ないような、分厚い厚紙製の立派なメニュー!これを使い捨てるとはなんともったいない・・・と思っていると到着時に乗務員がヘッドフォンと一緒に回収にくるではないですか!隣にいたスリランカ人に「メニュー回収するの?」と聞いてみると「お金ないからね。使いまわすんだよ」とのこと。機内食は通常1~2か月おきに変更されるメニューなので、機内誌のように使いまわして悪いことはありません。理由はともあれこのアイディア、無駄な紙と印刷代がかからず素晴らしい!

続きを読む…



食のありがたみに涙したラマダンでの断食体験

スリランカの隠れた魅力コメント&トラックバック(0)

スリランカ滞在の日程が丁度年に1度のキャンディでのペラハラ祭と重なったので、キャンディ郊外の友人宅に泊めてもらいました。滞在したアクラネというキャンディから北へ10キロ程のところにある村は、住民の多くがイスラム教徒のムーア人。そして今年は8月の1か月間は1年に一度のラマダンの時期にあたり、日の出から日没まで皆断食をします。断食中は特別な理由(妊娠や病気、旅行など)がない限り飲食、性行為、喫煙が禁止されます。

続きを読む…



美しすぎるスリランカ航空客室乗務員の悩みとは?

アーユルヴェーダ@スリランカ,スリランカの隠れた魅力コメント&トラックバック(0)

スリランカ航空に乗るとエキゾチックなサリーに身を包んだ美しい客室乗務員に目が行きます。 かつてはエミレーツ航空が43.6%出資していましたが、2010年にはすべての株式をスリランカ政府が買い戻したナショナルフラッグキャリアであるスリランカ航空。同年にユニフォームを一新し、鮮やかなグリーンのサリーは異国情緒たっぷりで、彫の深い端正な顔と小麦色の肌に良く合います。 続きを読む…



ホロスコープとスリランカ

アーユルヴェーダ@スリランカ,スリランカの隠れた魅力コメント&トラックバック(0)

アーユルヴェーダの医者は7割が世襲で残りの3割が大学(スリランカ国内ではコロンボ大学とケラニヤ大学)で6年間アーユルヴェーダと西洋医学を学んだ人達。※
ホロスコープはヴェーダ哲学の1つとみなされ、特に世襲でアーユルヴェーダの医師になった人達は、ホロスコープの専門知識があることも多いとのこと。スリランカは多様な民族性を持ちますが、その中で仏教徒ならほとんど皆と言っていいほど生まれてすぐに自分のホロスコープを持ちます。 続きを読む…



無防備に「くたぁ」っとしているスリランカの犬達

アーユルヴェーダ@スリランカ,スリランカの隠れた魅力コメント&トラックバック(0)

バーベリアンにはよく見る犬が2匹、と猫が1匹います。私たちの仲間だけれども餌はあげないでという看板もでているのですが、メイン食堂を徘徊しテーブルの下で手足を揃える猫につぶらな瞳で見つめれると、餌をあげてしまう人も多いようです。徘徊しているのは猫のみで犬は食堂エリアには入ってきません。

続きを読む…



スリランカで失くした財布は・・・

アーユルヴェーダ@スリランカ,スリランカの隠れた魅力コメント&トラックバック(2)

バーベリン・リーフ・アーユルヴェーダ・リゾートに来て2日目そうそうに、なんと財布を無くしてしまいました。。。中身はキャッシュのみで合計1万5千ルピーくらい。(日本円で一万円ちょっと。大金です!)私がボケっとしていたのが一番の原因で、夜中の2時過ぎに到着してろくろく眠れないままに翌日の医師との問診や初日のトリートメントなど、もうろうとする頭で多忙なスケジュールをこなしている間中、部屋のバッグのファスナーはあけっぱなしのままに! 続きを読む…



スリランカにもカーストはある?!

スリランカの隠れた魅力コメント&トラックバック(0)

地理的にインドと隣り合うスリランカにもカーストが存在しますが、インドのカーストとは特徴が異なります。インドでカーストの最上位と言えば、教科書で覚えた司祭階級「バラモン」。一方スリランカの最上位は「ゴイガマ(Goigama)」と呼ばれる「農民」です。インドでのバラモンの割合は5%弱と、ピラミッドの先端一握りなのに対して、ゴイガマはシンハラ人の約半数を占め、カースト最上位かつ最多数。 続きを読む…



スリランカのゴルフ場 バンカーにいるのは・・・

スリランカの隠れた魅力コメント&トラックバック(0)

コロンボからバスに乗ること延々6時間(直線距離にするとたったの104キロ!)、紅茶園で有名なヌワラエリア(NuwaraEliya)に到着します。イギリスの植民地時代には避暑地として栄えただけあり、ここには1889年につくられたアジア最初のゴルフ場があります。18ホール、6250ヤードの本格的なゴルフ場が位置するは、ヌワラエリアの繁華街のど真ん中。 続きを読む…



満月の日は休日のスリランカ

スリランカの隠れた魅力,ヨガとアーユルヴェーダコメント&トラックバック(0)

満月の日はヨガスクールがお休みって???と疑問に思った方も多いのでは?
これは人間の体が60~70%水でできているために、月の満ち欠けによる影響をうけると考えられているから。
海で考えるとわかりやすいと思いますが、月、太陽、地球が一直線に並ぶ満月と新月時に最も引力の影響を受けるので、干潮や満潮になります。 続きを読む…



« 前のページ
TOPPAGE  TOP 

<BR>
ツイッター サイトマップ RSS FED