クレオパトラも美容に愛用?ごま油の恐るべし効果

合計360分のアーユルヴェーダトリートメントと180分のヨガ付き!癒しのアーユルヴェーダ5日間  アーユルヴェーダ専門のシッダレパアーユルヴェーダリゾートに滞在

白ごま油でアーユルヴェーダアーユルヴェーダという欠かせないのがごま油。全身マッサージのアヴィヤンガや額につーっと垂らすシロダーラにも 薬草が入ったごま油が使われます。日本におけるアーユルヴェーダの第一人者と言われている蓮村誠先生によると、肌に塗られたごま油は、毛穴から毛細血管に入り、血液で全身を巡って、なんと15分で骨まで到達するとのこと。
そしてそのごま油は体にたまっているアーマ(毒素)を体の外へ排出してくれるというからスゴイ!

さて、スリランカ低地は常夏なので、蚊がいたるところにいます。外出時はシトロネラなどで蚊よけをするのですが、さすがにアーユルヴェーダのトリートメント時には何も塗らないで行くと、無防備な裸体を襲われることもしばしば。
ところがどんなに虫刺されにあっても、毎日せっせとごま油でアヴィヤンガを受けていると、どうやら虫刺されの腫れの引きがとっても早いのです!なのでありがたいことに、刺されても日本にいるときほど気にならないんですね。

ごま油にはリノール酸が含まれているため、保湿や抗菌、抗炎、抗酸化作用があるとされ、美肌効果も期待できるとか。蓮村先生の本にもごま油は老化の原因のヴァータを下げ、美白、シミ取り、冷え症、デトックスなどにも効果的と書かれています。

絶世の美女として知られているクレオパトラも2000年以上前に、すでにごま油を化粧品や若返りのオイルとして使用していたといわれているから驚きです。
古代エジプトでミイラの保存には、ごま油にはちみつを混ぜた液体を塗布してミイラを腐敗を防いでいたとか。

クレオパトラとごま油

ジャン=レオン・ジェローム 絨毯の中からカエサルの前へ現れるクレオパトラ

さて、こんなに素晴らしい白ごま油ですが、更にありがたいのが値段が安いこと。
あまり馴染みがないかもしれませんが、普通のスーパーでも1000円以下で売ってっています。。
購入時に気を付けたいのが、一般に料理で使う茶色のごま油ではなく、非加熱の生のまま絞った太白ごま油を準備すること。

太白ごま油

太白ごま油は生ですので、購入後はキュアリング(加熱処理)します。(アーユルヴェーダ専門店ではすでにキュアリング済みのものも販売しています)
この時90°で火からおろすように温度計で測りながら熱します。

これを冷まして清潔なボトルに入れたら出来上がり!使用する前にまた温めるので蓋がしっかり閉まるタイプのボトルが便利です。

太白ごま油はオイルなのにとってもサラサラ。匂いも全く気になりません。良く伸びるので少量で全身マッサージもできますよ。

蓮見先生によると15分置くことで骨まで浸透するとのことなので、しばらく全身オイルまみれのまま時間をつぶします。私はせっかちなピッタ優勢タイプなので、すぐに洗い落としたくなってしまうのですね。なのでごま油を塗る前に15分ちゃんと時間をつぶせるように動画を準備しておきます。
冬場は体が冷えないように事前にお部屋を暖めておくのも忘れないように。
できたら一番ヴァータが優勢で毒素が最も出やすい、朝6時までにすると良いそうです。
確かに朝ごま油でセルフアヴィヤンガをすると、一日オイルでやさしく守られているような感覚になります。
(アーユルヴェーダではごま油はもっぱらマッサージで用い、食用では使いません)

白ごま油 ぬるだけ健康法 (PHP文庫)
蓮村 誠 (著)



関連記事 :

Related posts:

2013年5月11日


TOPPAGE  TOP 
ツイッター サイトマップ RSS FED